その他

  1. コラム:学参書体って何? ─さ、き、りの違い─

    皆さんは学参フォント、という言葉を目にしたことがあるでしょうか。学参とは「学習参考書」の略です。学校での授業で、教科書の補助として使われる資料集や問題集のことを言います。学参フォントというのは主に教科書や学習参考書で使われます。

    続きを読む
  2. コラム:特色の使い方 ─解答版も1つのデータで管理─

    学習参考書の中でも、問題集や小テスト集で、生徒が解答を書き入れるように解答欄があるタイプのものを見たことがあるでしょう。教師には同じ教材の「教師用バージョン」の本が支給され、解答が印刷されています。あの解答版というのは、印刷用のデータではどのようになっているのでしょうか。

    続きを読む
  3. コラム:ふりがなの話 ─総ルビ・初出ルビの種類・両側ルビなど─

    ふりがなは、編集、印刷関係では「ルビ」と呼ばれることが多いです。文部科学省の学習指導要領により、学年ごとに習う漢字というのが決まっています。そこで学参では、国語以外の教科も含め、漢字の使い方に一定のルールがあります。その学年で習わない漢字はひらがなで表記。その学年中に習う漢字はルビを付ける。

    続きを読む
ページ上部へ戻る