コラム:学参書体って何? ─さ、き、りの違い─

皆さんは学参フォント、という言葉を目にしたことがあるでしょうか。
学参とは「学習参考書」の略です。
学校での授業で、教科書の補助として使われる資料集や問題集のことを言います。
学参フォントというのは主に教科書や学習参考書で使われます。
文字の形を学んでいる段階の児童が使う教材には、文部科学省の学習指導要領にある「代表的な字形」に沿ったフォントを使う必要があるわけです。
代表的な字形というのは、文字を手書きする際の筆の運びに準じた文字の形を、フォント化しても省略しないという事です。
通常フォントの字形は、視認性やデザインの都合によって省略されている要素がある場合が多いです。
フォントメーカーのモリサワでは、見出しや本文によく使われる代表的なフォントに「Gフォント」という学参対応の書体が用意されています。
基本的には通常のフォント同じように見えますが、見分けるポイントとして

「さ」「き」「り」の平仮名が、文字を習う歳に覚える筆の運びに準じて分けて書かれている。
漢字の「しんにょう」「しんにゅう」の形が省略されていない。
濁点の位置が右上に固定されている。

などがあります。

ページ上部へ戻る