コラム:ふりがなの話 ─総ルビ・初出ルビの種類・両側ルビなど─

ふりがなは、編集、印刷関係では「ルビ」と呼ばれることが多いです。
文部科学省の学習指導要領により、学年ごとに習う漢字というのが決まっています。
そこで学参では、国語以外の教科も含め、漢字の使い方に一定のルールがあります。
その学年で習わない漢字はひらがなで表記。
その学年中に習う漢字はルビを付ける。
前の学年までに習っている漢字にはルビを付けない。
といったものになります。
総ルビというのは、出てくる漢字全てにルビを付ける事を言います。
複数の学年の読者を含めた、広い範囲を対象とした印刷物で使われる方法です。
幼児向けの絵本などで、漢字のみならずカタカナにもひらがなのルビが付いた物を見たことがある人もいるでしょう。
初出ルビというのは、同じ漢字でも最初に出てきた文字にだけルビを付ける方法で、
一つの本の最初の漢字にだけルビを付ける場合と、章ごとに最初に出てきた漢字にだけルビを付ける場合と、見開きごとに最初の漢字にだけルビを付ける場合があります。
また、これは地名や人名など特殊な場合にしか使われませんが、同じ漢字に二種類の読み方がある場合、横組みでは上下、縦組みでは左右両方にルビが付く場合もあります。

ページ上部へ戻る